読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+ bluepity +

いつもぐるぐるしている

ここ2日くらいどうも昼間や寝る間際、堕ちたりするので困る。

大体いつも悩むとしたら同じ事で、それが特に決まった事ではなく、漠然とした不安という事もあるので何とも言えないのだけれど、まだまだダメなんだなぁ、と思う。

 

どうしたらここから抜け出せるのか、いつになったら答えが出るのか、本当に早くして欲しい。

それでも希死念慮は無くなったし、少ない薬で今過ごせているし、だいぶ昔に比べたら良くなったのだと思いたい。まぁそれでも9種類だとかそこらなのだけれど。

 

10年前くらいに戻れたのならまだ私は正常の域にいられるのかも知れない。

いつからこの病気なのかはわからないけれど。このままどうなってしまうのか。

どうするのかな。

社会復帰まで主治医は考えてくれているけれど、正直今更怖い面もある。

軽躁の時は、応募の電話かけてしまうかー!

と思えるけれど、思いとどまる。だってまたそこでダメになるの、怖いからね。

そしてまだその時ではないと自分でも思えるし、主治医からしてもそうなのだからそれに従う事にする。

はたから見たら全然病気になんか見えないだろうし、遊んでいるように捉えられるだろうな。働いてお金を稼いで、それで生きていっている友達からしたら、無職なのに集まりには参加するし、よく笑うし、普通に話にも入るし、食べるし、何なのこの人とか思われているのかも知れない。

楽して生きて。だとか。

そんな事言われたって、皆が他の人には言えない悩みを1つや2つ抱えているように、私だって、ね、あるんだよって言いたいけれど。わかってもらえるのは少人数、1人や2人でもいい。

こんな生き方もあるんだから、と。

誰しもが「普通」に生きていっているわけではないのだから、と。

 

これ、仕事していれば無くなる悩みもあるのだろうけど、そうしたらそうしたで、また違う悩みが出てくるわけで、悩みのない人なんていないと言うのは本当そうだと思うし、いや、実際いるのかな。悩みのない人。でもそれは悩みを改まって考えていないだけで、ない人はやはりいないと思うのだよね。

 

こうやって自分の考えをだらだら文字におこすのは楽しい。

いつもまとまりのない文だけれど、自分で読み返して、あぁ、あの時の思考はこんなだったのね、と思えるから。

まぁ大抵同じような事ばかりなのですけれどね。

こうしていると嫌な思考も吹っ飛ぶから、たまに文にして吐き出す機会が私には必要なのだと思う。

 

ダメだダメだ言わなくなる日々になると良いなぁ。

生き生きと毎日が送られるようになると良いなぁ。

そう願いながら、とりあえず今日はここまで。