読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+ xxx +

いつもぐるぐるしている

あなた以上の人が居たとしてもあたしはあなたを愛すのでしょう

 

無条件幸福論の歌詞の一部。

あなた以上の人なんて、ホントはいないんだ。誤魔化して他の人で埋めているだけなんだ。

もう戻りたくて仕方ない。笑顔、声、仕草、好きなもの、嫌いなもの、楽しそうなのも、困った顔も、ねぇ、もう一度見せてよ。

段々減っていったメール、段々減っていった会う回数、そういう事なんだってわかっているはずなのに、わかりたくない。

別れた後に会えていただけでも、嬉しいのに、どうしてもそれ以上を望んでしまう。

私の為に、何かしてくれないかな、少しでも、日々の中で思ってくれるだけでいいからさ、ふとした瞬間に、私がよぎれば良い。

何処かへ行った時も、「あ」と。

 

もう出会ってからは17年経って、また再会してそれから付き合って別れて繰り返してもう10年以上経って。あ、歳がバレそう笑

最後に別れたのがもう、5年以上前な気がする。それからすぐはやっぱり警戒されていて、私もストーカーまがいの事していたし(ぉぃ

でもそのうちカラヲケだのゲームだのするようになったのだよね。

何でだったんだろうなぁ。

 

それで、恋人同士じゃなくても、友達のようなこの関係で良かったのに。

気持ち我慢してたのに。どうしても度々、わーって出てしまって、また警戒されて、の繰り返し。莫迦みたい。

 

私がすぐ泣いてしまうのも段々嫌だったみたい。

そうかぁ。

そうだよね。またか、ってなるよね。

でもそれが、もし新しい彼女が出来て、ってなったらどうなのかなーって思ったりして。

また、私にしてくれたように大切にするのかな。どうなのかな。

 

もうこれ以上考えているとまた会いたくなるから止めにします。

寧ろ毎日会いたいと願っているけれどね。